交通事故被害と弁護士


事故交通事故と聞くと自動車の運転をしている方に関係のある話だと思ってしまう方も多いでしょうが、自動車の運転をしない方でも交通事故被害に遭ってしまうことは多々あります。道を歩いていて正面からきた自転車とぶつかるのも交通事故ですし、車とバイク、歩行者と車、自転車同士など交通事故にはさまざまなケースが考えられます。交通事故被害に遭ったときにはいろいろとやるべきこともありますし、示談金や慰謝料についても話合いをしなくてはなりません。

交通事故の示談や慰謝料についての話し合いは当事者同士で行ってしまうとさまざまなトラブルになってしまう恐れがあるため基本的にはおススメできません。当事者同士での話し合いとなるとどうしても感情的になってしまいますし、話が余計にこじれてしまうことも多々あります。こっちは被害者なのに慰謝料の支払いを渋られてしまった、脅迫まがいの言動をされて慰謝料を諦めざるを得なかったという経験をしたことがある方も少なくありません。

交通事故被害に遭ったときには弁護士に相談をするのが最善の選択ですが、弁護士が具体的にどのような対応をしてくれるのか不安、という方もおられるでしょう。そこで、このサイトでは交通事故被害に遭ったときに弁護士がどのような対応をしてくれるかについてまとめてみました。今現在示談で揉めているという方、日ごろから自動車をよく運転されるという方はぜひ目を通してください。参考になれば幸いです。

~参考記事~
弁護士選びが大切
慰謝料の増額
示談交渉の代行